外で学ぶべき社会マナー

社会人になるためには敬語を正しく使うことが出来たり、社会マナーを理解して自然に行えるようになっていたりすることが当然のように考えられがちだと思います。一般的な就職活動では重要視される点ですが、看護師として就職することになると幾分軽視されている状況もあるようです。
これは看護師の仕事場においてそのような状況があるからであり、一般常識が身についていることよりも医療や介護の現場で活躍できる知識や経験、性格などがあるかどうかの方が必要であると考えられているからです。実力重視の傾向が強いのは、ミスが許されない仕事場であるのは明らかでしょう。看護師として働く上でもほとんどの時間を仕事場で過ごすことからそれで構わないと考えてしまいがちになります。
しかし、業界が違う人と交流をする上では大きな障害となってしまうことがあり、それで辛い経験をする人も多いのが事実です。敬語を身につけたり、社会マナーを理解したりするためには仕事場の状況を正しく理解して、外で訓練の場を設けなければならないと考えることが大切になります。仕事場で重視されていないからこそ仕事をしていても身につきにくいので、仕事以外での活動を通して身につけていくことが重要となってきます。社会人サークルに参加したり、マンツーマンや少人数での指導が行われるスクールに通ったりしてみるのがいいでしょう。敬語やマナーは実践を通して学ぶのが得策であるので、その場所を自分から作っていくことが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です